小島宏和氏率いる東京住建

企業を評価する上で、大切にしたいポイントはいくつもありますが、最も大切にしたいもののひとつとして社長がどんな人柄かということがあります。会社のトップはその企業の社風そのものを決めることもあるため、ここに注目することで優良企業を見定める可能性が高まるのです。

■社長の思い
小島宏和氏率いる東京住建は、東久留米の不動産企業としてスタートしました。創業から20年以上が経過した現在、第二創業期に突入しています。それを機に新たなフェーズを迎えているのです。しかし、その中でも企業としての根本は変わることはありません。その根本とは、ひとりひとりの施工主に向き合うということです。そうすることによって、より多くの幸せを創り出しています。

では、東京住建の考える「良い家」とはどのようなものなのでしょうか。人にはそれぞれ目指すべき家のスタイルがあります。例えば、小さい子どもや高齢者が家庭に居る場合には、すべての人に使いやすいようなバリアフリー設計が好まれますし、デザイン性やインテリアにこだわりたいという人もいます。そのため、それらの人たちに対して的確にアプローチするために家づくりのプロセスそのものを重視しているのです。

■企業の技術が詰まった分譲住宅
東京住建は小島宏和氏が代表取締役社長を務めている企業ですが、リリースしている商品のクオリティが高いことでも知られています。特に、分譲住宅のジオ・ステージは分譲住宅でありながら、施工主の希望を叶えるようなシステムになっていることで話題になっているのです。画一的なイメージがある分譲住宅ですが、どのようにして施工主の願いを叶えているのでしょうか。

ジオ・ステージの特徴はセミオーダーシステムです。セミオーダーシステムとは、エクステリアや住宅設備などを基本設計図をベースとして施工主が決めることが出来るというものです。そのため、暮らしやすい住まいを実現しやすくなっています。また、採光性能や広々として空間を持っていることでも知られており、注文住宅の施工を多く手がけている東京住建のノウハウが感じられるという意見もあります。

■家づくりを通して顧客の夢を叶える
創業20年を迎える東京住建。しかし、創業当初から続いている思いを忘れることはあります。それは家づくりを通して多くの人に幸せを届けるということ。そのために、施工主一人ひとりと向き合うということを忘れません。人それぞれに違う良い家を創るために、しっかりとプロセスを重視することを社長である小島宏和氏は忘れていません。

このような思いを持っていることは、商品づくりにも影響しています。分譲住宅であるジオ・ステージは、注文住宅の暮らしやすさと分譲住宅のコストパフォーマンスを兼ね備えた非常に高性能な住宅として知られています。また、東京住建の住宅性能が最大限に生かされているため、その暮らしやすさは折り紙つきだと言われています。