東京住建の分譲住宅のメリット

自由度が高い注文住宅は、憧れはするものの費用がかかることもあり諦める人も多いでしょう。しかし分譲住宅にもメリットはたくさんあります。分譲住宅のメリットと東京住建の分譲住宅について紹介しましょう。

■安心して購入できる分譲住宅
分譲住宅の大きなメリットは、あらかじめ住まいを確認できる点です。すでに完成している家なので外観デザインや内装、間取り、収納スペースなどを確認できるので生活しやすいかどうかなどを検討しやすいです。注文住宅の場合は想像するしかありません。実際にできあがったら理想と違っていた、ということもあるものです。しかしできてしまった家を壊すことはできないので、我慢して住まなければならないのが注文住宅のつらいところです。

そのような心配のない分譲住宅は安心して家を購入することができます。また費用が安いのもメリットです。注文住宅の場合、最初は予算内でおさめていたつもりでも、工事をすすめていく途中で追加工事などが出てくることもよくあり、コストが増えてしまうことも少なくありません。分譲住宅の場合は費用が明確で資金計画も立てやすいでしょう。

■分譲住宅のデメリット
注文住宅のように間取りやデザインなどの自由がきかないのが、分譲住宅のデメリットです。土地の広さも決まっている場合は、庭を広くしたい、庭を狭くして玄関を広げたい、などといったことはできないことがほとんどです。内装もほとんど決まっているので、自分好みのデザイン、というわけにはいかないことも多いでしょう。

同じ外観、同じ間取り、の家が建ち並んでいるのが分譲住宅です。隣の家と同じで個性がないという点は我慢しなければならない点でしょう。

■間取りも選べる!東京住建の分譲住宅
分譲住宅の多くは間取りなどが決まっていることが多いものですが、そのデメリットを解消してくれるのが東京住建です。東京住建の分譲住宅「ジオ・ステージ」はセミオーダーができる新しい分譲住宅なのです。「ジオ・ステージ」は分譲住宅でありながら、エクステリア、住宅設備などを選べるというメリットがあります。

しかも高性能である点も魅力的です。採光にこだわっているので家の中は明るく、快適な空間です。窓の高さにこだわりどの部屋にも太陽の光が届く設計になっています。夏は涼しく冬は暖かい、を実践するため構造とグラスウールによる断熱材を使用。冷暖房効果も高まるので節電にもつながります。

通気性にも配慮しているのがメリット。「ジオ・ステージ」では基礎パッキン工法と外通気構造を採用し、床下や壁面内部の空気の通りをよくして湿気がたまらない構造にしてあるのです。基礎に穴を開ける必要もないので基礎の強度も保てます。さらにシロアリなどの被害を避けるため、防蟻処理をしている点も安心です。住まいの基本は安心して生活ができることです。それを実現している点も「ジオ・ステージ」の魅力。さらにローコストでセミオーダーができる点もメリットです。