東京住建の家づくりについて

数ある住宅の中でも、一生の住まいとなるマイホームは、慎重にならざるを得ない買い物になります。失敗をしないためには、そのパートナーとなる住宅メーカーを吟味して選部ことが必要になるのです。では、ユーザーの想いを汲み取ることに長けているところにはどのような特徴があるのでしょうか。注文住宅についての想いや企業理念などから、その強みを探っていきましょう。

■注文住宅について
理想の住まいを目指すなら注文住宅が一番だと言われています。何故なら、分譲住宅やマンションなどは間取りが決められているため、自分の本当に暮らしやすい空間を実現出来ないからです。しかし、注文住宅というと敷居が高いイメージがあるため、最初から諦めてしまうという人も少なくありません。

東京住建のスタッフは、非常にフレンドリーで専門性に優れています。そのため、顧客の要望を的確に察知することができます。また、ノウハウが蓄積されているので設計から建築、さらにはインテリアコーディネートといった、住宅に関する一貫したプロデュースを行うことが出来るのです。こういった機能面はもちろん、デザイン性についてもオンリーワンの住宅を作る能力に長けているため、注文住宅に向いているのです。

■企業理念について
東久留米という九州の地方工務店からそのキャリアを開始している東京住建は、これまで数多くの住宅建築を手がけてきました。20年以上創業から時間が経過していますが、衰えるどころかますます繁栄を続けており、新たなフェーズを迎えていると言われているのです。すべてはお客様の為にという言葉を心がけ、満足できる商品の提供、そして美しく豊かな街づくりに寄与出来るよう邁進しています。

東京住建は「良い家」を作るということにこだわっています。しかし、良い家というのは人それぞれにコンセプトが異なります。そのため、家づくりのプロセス自体を大切にしています。打合せではユーザーの住宅への夢や希望を汲み取るようにヒアリングを行い、その中から実現可能なものをチョイスしていくのです。そのため、ビジネスライクではなく、本当の意味での理想の実現を追求しています。

■ライフスタイルの実現を叶える
家づくりの理想を叶えるのであれば注文住宅が一番です。それは間取りや住宅設備など、あらゆる場面で自分の理想を形にできるからだと言われています。その中でも東京住建の注文住宅はノウハウと技術、そして、ユーザーの要望を叶えることに特化しているため、トータルプロデュースで自分だけの住宅を作ることが出来るのです。

また、「良い家」を作ることに東京住建はこだわっています。それは地方の工務店から長年続けてきた「すべてはお客様の為に」という言葉の表す通り、満足できる商品の提供と美しく豊かな街づくりへの寄与という行動へと繋がっているのです。決してビジネスではなく人と人との繋がりで動く企業であると言われています。