東京住建と小島宏和氏について

一戸建て住宅はただ単純に住まいとしてのメリットだけではなく、資産としての価値もあるため、老後の生活を安定させたり、資金づくりのために銀行からお金を借りるという時にも重宝される存在です。そのため、大きな注目を集めることもあります。住宅建設を進める上で必要なのは十分に信頼できるパートナーを探すことが大切です。優秀なハウスメーカーにはどのような特徴があるのでしょうか。

■新しい分譲住宅について
注文住宅は家の自由度を最大限にまで高めることが出来るスタイルです。しかし、あまりにも費用がかかってしまうため、多くの人が断念してしまいます。一方、コストパフォーマンスで選ばれることが多い分譲住宅ですが、どうしても自分たちの希望を叶えることは難しくなってしまいます。では、その2つのメリットを併せ持つ住宅とはどのようなものなのでしょうか。

小島宏和氏が代表取締役社長を務める東京住建は、ジオ・ステージという商品を発売しています。こちらはセミオーダーの分譲住宅となっており、ユーザーは基本設計図を基にして住宅設備などを選びます。こうすることによって自分の希望を叶えることが出来るのです。また、注文住宅の施工実績に優れている為、顧客が望む住宅を設計します。そのため、ローコストで自分の好みに合わせた住宅を建設することが可能になっているのです。

■企業が持つ信念
東京住建代表取締役の小島宏和は、家づくりにおいて色々な柱を大切にしています。まず第一に、「商品は我が社の命」という企業理念を掲げているのです。これは、ユーザーのニーズに合わせた商品やサービスを提供することによって、共感や信頼を得るような企業として評価されることこそが企業の中でも活力を生み出し、さらなる成長が見込めると信じているからです。

また、「家づくりのプロセスを大切にしたい」という言葉も大きく取り上げられています。人によってニーズやライフスタイルは大きく異なりますが、自分の希望の家を作りたいという想いはひとつです。そのため、その要望をミーティングなどで汲み取り、ビジネスではなく、一緒に寄り添っていくという姿勢があるからこそ、家づくりにおいて感動を何度も呼び起こすのだと言われています。

■自分の夢を叶えるためのパートナー
注文住宅と分譲住宅の良い所取りをしたい人にオススメなのがジオ・ステージです。こちらは基本設計図を基にして、あとはユーザーの好みを採用するという仕組みになっています。そのため、ローコストでも理想の住まいに近づけるのです。また、東京住建ならではのノウハウの詰まった設計により、基本住宅性能も非常に充実しています。

このように、東京住建では商品が魅力的であることでも知られています。代表取締役の小島宏和は「商品は我が社の命」。そして「家づくりのプロセスを大切にしたい」という言葉をホームページに載せています。どうしても売り上げ重視の家づくりになると会社主導の打ち合わせになりがちですが、こちらではユーザーの希望を叶える為に全力で取り組んでくれます。そのため信頼感があるのです。

株式会社 東京住建|いえらぶ不動産会社検索・口コミ・評判